投資という名の長い旅

50代サラリーマンが、インデックスファンド、米国ETFを活用した長期投資で、セミリタイアを目指す旅路の記録ブログです。市場に居続けることがモットーです。

2019年4月の定期積み立て実行

昨日の日曜日、山梨県に引越しました。まだ、引越荷物の整理は最低限しか、できていませんが、電気、ガス、水道といった生活インフラは、昨日から、使用可能な状況になりましたので、特に生活に支障はありません。 一番困っているのは、車がまだ手元にないこ…

日本でキャッシュレス化を進めるためには実感できるメリットが必要だ

日本でキャッシュレス化がなかなか進まないのは、実感できるメリットが乏しいからだと思います。クレジットカード払いで0.5%〜1%のポイントが付くという程度のメリットではなく、「個人の信用スコア」という仕組みが日本にも必要だと思います。 アメリカでは…

2019年3月末のポートフォリオ状況

今週月曜日に、衝撃波による結石の破砕手術を受けました。人生初めての手術で、日帰り手術です。数年前から、腎臓内に5mm程度の石があることは人間ドックでわかっていたのですが、腎臓を開けて、石を取り出すような大掛かりな手術はしなくてもよい、尿管に落…

2019年3月の定期積み立て実行

昨日は、3年に一度の中期経営計画の発表会があり、先週はプレゼン資料の作成に追われ、バタバタとしておりました。 先週、ようやく山梨県への引越の日程が決まりました。4月の第2週の週末、14日に引越することになりました。3月は仕事関係も大きなイベントは…

2019年2月末のポートフォリオ状況

山梨の転勤先の家は、無事に契約が完了し、決まりましたが、引越の日程が思うように決まりません。3月中の引越はどうにも無理な状況で、4月の第1週も考えていますが、幾つかの大手引越業者からは、4月のGWまで無理と断られてしまっている状況です。 働き方改…

バンガードETF VT, VYM, VWOの経費率が引き下げられました

昨日の午前中は年に一度の人間ドックに行き、午後は確定申告に行ってきました。毎年恒例になっていますが、米国ETFの配当に対する外国税額控除、ふるさと納税の寄付金控除を還付を受けるためです。近所の税務署も空いていましたので、スムーズに必要書類の提…

2019年2月の定期積み立て実行

先週の木曜日、金曜日は、転勤予定の山梨県の工場に初出張で行ってきました。山に囲まれた盆地の中にあり、周囲はブドウ畑やモモ畑も多く、のどかな場所でした。工場の総務の方から、住む場所については、会社の借り上げ社宅扱いにしてもらえるとの説明を受…

2019年1月のポートフォリオ状況

昨日は、山梨県の転勤先の住む場所の候補地の下見に行ってきました。都市部ではないので、賃貸物件も沢山ある訳ではありませんが、一度でも自分の目で見て、歩いてみないことには街の雰囲気もわからないと思ったからです。限られた物件の中で決めるしかない…

転勤先が急遽、山梨県になりました

昨年の12月に当ブログで下記のように報告していた通り、3月から静岡県に転勤する内示を受けていましたが、一昨日、事業部長から呼び出され、話が二転三転し、急遽、山梨県の工場に転勤することになりました。 investment-journey.hatenablog.jp 1月から、自…

インデックス投資のレジェンド ジャック・ボーグル氏を悼む

既に多くのインデックス投資ブロガーの方々が取り上げていますが、現地時間の1月16日(水)に、インデックスファンドを世に初めて送り出したインデックス投資のレジェンド、バンガード社の創始者、ジャック・ボーグル氏が享年89才で逝去しました。 www.cnbc.…

2019年1月の定期積み立て実行

先週の米国市場は堅調な推移をみせました。市場は底を打ったのでしょうか。 現地時間の1月8日の市場終了後、ご存知、ジェレミー・シーゲル教授は、米国市場は底を打ったと発言しました。いつも強気のシーゲル教授に戻っています。 www.cnbc.com 去年のクリス…

2019年の株式市場はどうなるか 二人の賢者の対象的な見方

2019年はアップルショックで始まり、米国時間の1月3日は大きく下げ、翌日の1月4日は12月の雇用統計が市場予想を上回り、FRBのパウエル議長が利上げのタイミング、FRBのバランスシート縮小についても、柔軟に見直す、必要があれば変更することもためらわない…

明けましておめでとうございます 2018年12月末のポートフォリオ状況

新年、明けましておめでとうございます。 2017年1月に開始した本ブログも、皆様のおかげで、3年目を迎えることができました。週一回程度の更新ではありますが、投資と同様に、コツコツと地道に更新していきたいと思いますので、宜しくお願い致します。 今年…

2018年冬のボーナス投資は、バンガードETF BND, VOOを追加購入しました

先週は年内最後の大きな会議が終わり、通常であれば、比較的ゆったりとしたペースで会計年度末を迎えることになっているはずだったのですが、1月から始まる新会計年度、2019年度の予算が、私が所属している事業部だけ却下され、やり直しという異常な事態とな…

ジェレミー・シーゲル教授 FRBはもっと市場の声を聞くべきだと主張する

米国株に投資をされている方には、お馴染みのジェレミー・シーゲル教授が、米国市場が2日連続で続落した現地時間の12月20日(木)に、CNBCでFRBの声明にショックを受けた、FRBはもっと市場の声を聞くべきだと主張していましたので紹介したいと思います。 www…

カリフォルニアの自営業志向という生き方

私のカリフォルニアの留学先の学校もそうでしたが、カリフォルニアのビジネススクールにきている人は、基本、自営業志向が非常に強く、大企業のサラリーマンとして出世したいという人は殆どいなかった印象です。下記の記事を読むと、このカリフォルニア気質…

2018年12月の定期積み立て実行

米国市場は、乱高下が続いています。 神経質な動きをしている印象ですが、冬のボーナス投資は、慌てず、来週の18日、19日のFOMCの結果をみてから、投資をしたいと思います。企業業績や経済指標は悪くないので、予定通り、利上げは行なわれるものと予想してい…

転勤の内示を受けました

私の会社は12月決算なので、今月が会計年度末、来年1月から、新たな会計年度の始まりとなります。10月位から、それとなく聞いていましたが、来年1月に社内で大きな組織変更があり、新たな事業本部、事業部が設立され、取締役、執行役員級の人事も、色々と社…

2018年11月末のポートフォリオ状況

12月となり、今年も早いもので、あと一ヶ月となりました。FRBのパウエル議長が、現地時間11月28日の講演で、「現在の金利は中立レンジを僅かに下回る」と発言したことにより、株式市場は、従来の発言と比べてトーンダウンしたものと好意的に受け止め、上昇し…

楽天カードを作成・楽天証券に口座を開設しました

ついに楽天経済圏に足を踏み入れてしまいました。ブログで予告していた通り、楽天カードを作成し、楽天証券に口座を開設しました。 楽天カードは、これ以上、年会費を払うカードを増やすつもりはなかったので、無料のMasterカードにしました。カードの年会費…

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018に投票しました

昨年に引き続き、今年も「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」に投票しました。今回は、2度目の投票になります。 2017年は、16位にランク入りしたバンガードETF VTI(トータル・ストック・マーケットETF)に投票しました。 investment-journey.hatenablo…

ジェレミー・シーゲル教授 FRBの利上げペースを緩めることを提言する

米国株に投資をされている方には、お馴染みのジェレミー・シーゲル教授が、米国市場が大きく下げた現地時間の11月20日(火)に、CNBCでFRBの金利引き上げについてペースを緩めるよう提言をしていましたので紹介したいと思います。 www.cnbc.com 市場は、明ら…

2018年11月の定期積み立て実行

11月3日から5日、月曜日は休みをとって、初めて広島に行ってきました。以前から一度行ってみたかった、日本三景の一つ、宮島の厳島神社に行ってきました。 宮島では、牡蠣を食べ、Miyajima Breweryの醸造所兼レストランで、昼間からクラフトビールを飲み、瀬…

2018年10月末のポートフォリオ状況

先月、いよいよ50才になりました。早いもので半世紀を生きてきたことになりますが、あっという間だったという感じがしています。当面、サラリーマンを続けますが、セミリタイアして個人事業主になり、本当にやりたいことだけをやることを、近い将来の目標と…

バンガードETF VOOとVTI どちらが良いか

米国株へのインデックス投資を行なっている方にはお馴染みのETFであるバンガードETFのVOOとVTIですが、インデックス投資の中核として保有するのには、どちらが良いのでしょうか。 先月9月の少し古い記事になりますが、CNBCにVOOとVTI、どちらが良いかという…

2018年10月の定期積み立て実行

市場はやや落ち着きを取り戻しつつあるようにみえますが、長期金利の上昇、米中の貿易戦争等を主要因とする先週の米国株の下落は、大きく動揺するという程ではありませんでしたが、 私のポートフォリオも4%位の下落となりました。 決して気分の良いことでは…

いつも強気のジェレミー・シーゲル教授、弱気なコメントをする

米国株に投資をされている方には、お馴染みのいつも強気のジェレミー・シーゲル教授が、現地時間の10月4日(木)に、CNBCで株式市場の見通しについて弱気なコメントをしていましたので紹介したいと思います。 www.cnbc.com 債券利回りが、この第4四半期の株…

2018年9月末のポートフォリオ状況

先週の火曜日から金曜日まで、九州の工場に出張に行ってきました。私の会社だけでなく電子部品業界全体にいえることですが、販売、生産の大部分はアジアを中心とする海外に既にシフトしており、九州にある工場が唯一、国内に残っている生産拠点となります。…

『新卒一括採用』は廃止すべきだ

経団連の中西会長が、企業の採用活動の時期を定める「就活ルール」を廃止するとの発言が各方面で波紋を呼んでいます。経団連も、かつては財界総理と呼ばれていましたが、最近はすっかり存在感も低下し、時代遅れの抵抗勢力という感じになってしまいましたが…

2018年9月の定期積み立て実行

バンガード社の創始者、ジャック・ボーグルが、リーマンショックから10年を振り返り、「投資家は、常に市場に居続けるべきだ」という明解なメッセージを送っていますので、紹介したいと思います。 www.cnbc.com 多くの投資家は、リーマンショックの落ち込み…