投資という名の長い旅

50代サラリーマンが、インデックスファンド、米国ETFを活用した長期投資で、セミリタイアを目指す旅路の記録ブログです。市場に居続けることがモットーです。

2019年夏のボーナス投資は、バンガードETF BND, VOOと日本賃貸住宅投資法人(8986)を購入しました

2019年夏のボーナス投資を行ないました。この夏のボーナスは、ここ数年で最も低い水準だったこともあり、全額を投資に回すことにしました。

 

今回メインに追加購入したものは、バンガードETF BNDです。7月30日、31日のFOMCで米国の利下げが濃厚となっており、債券は最高値に近い状況で、全力買いをするには良い環境ではありませんが、何よりも守りを固め、ポートフォリオを引き締めることを最優先しました。

 

少しは株式も購入したいと思い、こちらも先週にダウ平均は27,000ドル台に、S&P500が3,000ポイントの大台を突破し、最高値を更新した状況ですが、迷った時はとりあえずS&P500に投資しておけという極めて無難な考え方ではありますが、バンガードETF VOOを少しだけ追加購入しました。

 

最後に久しぶりですが、J-REITに追加投資をしました。現在、私が保有しているJ-REITのタイプは、

 

星野リゾート・リート(3287) ホテル系

ジャパンリアルエステイト(8952) オフィス系

東急リアル・エステート(8957) 統合型

日本ロジスティックスファンド(8967) 物流系

 

であり、これらとは異なるタイプ、今回は住宅系REITである日本住宅賃貸投資法人(8986)を購入しました。今回、購入した理由は、

 

・配当が4.5%と比較的高い

・物件の稼働率が、97%から98%前後で安定している

・分配金も、1,900円から2,000円前後で安定している

 

といったところでしょうか。住宅系REITの場合、一つのテナントに大きく依存しているということはないので、不況だろうと、どんな状況になろうと、安定した分配金を出してくれるのではないかと期待しています。

 

米国株の最低手数料は廃止されたので、今後は、夏と冬のボーナス支給月以外の月でも、購入することが可能になりました。毎月、ドルを少しずつ購入して、相場の調整局面がきたら、機動的に米国ETFを購入していきたいと思います。

 

宜しければ応援お願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村