投資という名の長い旅

50代サラリーマンが、インデックスファンド、米国ETFを活用した長期投資で、セミリタイアを目指す旅路の記録ブログです。市場に居続けることがモットーです。

2019年冬のボーナス投資は、バンガードETF BND, VYMとSPDR(スパイダー)REIT ETF(RWR)を追加購入しました

私の会社は12月決算ですので、12月が会計年度末となります。今日は、年内最後の大きな会議が終了し、来年度の予算も無事、承認されたこともあり、事業企画としての私の仕事は山場を越えました。2019年度はもう終わったような気分でいます。

 

2019年冬のボーナス投資を行ないました。こちらも2019年最後の投資となりました。この冬のボーナスは、下期に売上が急回復したこともあり、久しぶりに良い水準でした。特に大きな買い物の予定もないので、ボーナス全額を投資に回すことにしました。

 

今回メインに追加購入したものは、債券ETFであるバンガードETF BNDです。11月末に引き続きの追加購入となりましたが、ダウ、S&P500、ナスダックの主要3指数が最高値を更新している状況で、こういう時こそ守りを固めていく、過大なリスクを取りすぎない、ポートフォリオを引き締めることを最優先しました。

 

少しは株式も購入したいと思い、久しぶりに高配当株式ETF、バンガードETF VYMを少しだけ追加購入しました。また米国REIT ETFであるSPDR(スパイダー)ダウ・ジョーンズREIT ETF(RWR)もオマケ程度ですが、ポートフォリオのアクセントとして追加購入しました。

 

株式市場が最高値を更新している状況であり、また先進国REITのRWRも10月末に最高値を更新していますが、買える時には買っておこうというのが基本的な投資方針です。

 

いつが買い時というのは、誰にもわからない、悩んでいる時間が勿体ないので、買うべきものは買って、すっきりと冬休みと新年を迎えたいと思います。

  

宜しければ応援お願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村