読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資という名の長い旅

40代サラリーマンが、インデックスファンド、米国ETFを活用した長期投資で、セミリタイアを目指す旅路の記録ブログです。市場に居続けることがモットーです。

ウォーレン・バフェットから個人投資家へのアドバイス

投資手法を学ぶ

世界最強の投資家として知られているウォーレン・バフェットが率いる投資会社、バークシャー・ハサウェイの毎年恒例の株主への手紙が、現地時間の2月25日に公表されました。「オマハの賢人」といわれているバフェットからのメッセージは、29ページにも及ぶ長文ですので、全部を読むのは大変ですが、バークシャーの株主だけでなく、個人投資家にとっても有益なメッセージがありましたので、ご紹介したいと思います。

 

バークシャー・ハサウェイのホームページで公開されています。リンク先は下記の通りです。

http://www.berkshirehathaway.com/letters/2016ltr.pdf

 

バークシャー・ハサウェイについては、私が保有しているバンガード社のETF, VOO, VT, VTIを通じて間接的に保有していることになります。米国株については個別株投資をしていないので、バフェット銘柄といわれる個別株への集中投資で、S&P500を上回るリターンを長期にわたって実現してきたバフェットの手法というところには、それほど興味はありません。

 

バフェットからの、インデックス投資家に対する心強いメッセージが、24ページの下の方にあります。ウォール街のアクティブファンドやヘッジファンドのマネージャーの多くは、S&P500といった市場平均を長期にわたって上回ることはできない。彼らに高いコストを払うくらいなら、大口の投資家であろうと、小口の投資家でも低コストのインデックスファンドに投資し続ける方がましだと結論付けています。

 

特に高額な運用報酬を得るヘッジファンドマネージャーを厳しく批判しています。過去10年間にわたって1,000億ドルものの大金が無駄になったと指摘しています。

 

それらとは対照的に、長年にわたって、低コストのインデックスファンドに投資することを勧めてきたバンガード社の創始者であるジャック・ボーグルを称賛に価すると、投資家に多くの利点をもたらした人物を讃えるために、彫像を建てるとしたら、ジャック・ボーグルでなければならないといっています。

 

バフェットは、昔から、一般の個人投資家には、S&P500に連動するインデックスファンドに投資することを勧めていましたが、今年の株主への手紙でも、その考え方は全くブレていないということです。

 

私自身は、昔は個別株への投資も一時期行なっていましたが、とても市場平均を上回るような成果を出すことができませんでした。2009年頃からインデックスファンド中心への投資に切り替え、今日に至りますが、改めて、個人投資家はインデックスファンドだけに投資していれば良いというシンプルで明解なアドバイスを実践していきたいと思います。