投資という名の長い旅

50代サラリーマンが、インデックスファンド、米国ETFを活用した長期投資で、セミリタイアを目指す旅路の記録ブログです。市場に居続けることがモットーです。

2017年12月の定期積み立て実行

12月の積み立て投資は、個人向け国債を除いた下記の商品について、先週の金曜日に、通常通りに自動買付が終了しました。個人向け国債(変動10年)は、申し込みをしましたが、約定は12月末になります。この組み合わせでの積み立て投資は、今月が最後になります。

ニッセイTOPIXインデックスF

SMTグローバル株式インデックス

たわらノーロード新興国株式

SMTグローバルREITインデックス

個人向け国債(変動10年)

 

通常のNISA口座から、積み立てNISA口座に切り替えるための書類、「非課税口座異動届出書」を記入し、マネックス証券に返送しました。

 

来年の1月からはいよいよ積み立てNISAが始まります。折角の非課税枠ですので、最も確実にリターンが見込めるものを積み立てていくのが、この制度を最大限有効利用できると考えます。そうなると、やはり米国株式という選択になってしまいます。楽天・全米株式インデックス・ファンド、シンプルにこれ一本で月3万円を最優先で積み立て、残りを通常の特定口座で運用していく、個人向け国債、先進国REIT等でポートフォリオのバランスをとるという形になると思います。

 

先週の金曜日に冬のボーナスが支給されました。今年は非常に稀なケースですが、私の所属する事業部、全社レベルでも売上、利益共に予算達成の見込みですので、昨年に比べてボーナスが増えました。バンガードのETF BND, VOO, VYM等の買い増しをしようと思いますが、今週、現地時間12月14日のFOMCの結果を踏まえてから、購入しようと思います。利上げの確率はほぼ100%、市場は織り込み済みで、特に何か影響を与えるようなことは起きないと思っています。むしろ、来年度、2018年度の利上げ回数の見通しに注目していきたいです。

 

宜しければ応援お願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村