投資という名の長い旅

50代サラリーマンが、インデックスファンド、米国ETFを活用した長期投資で、セミリタイアを目指す旅路の記録ブログです。市場に居続けることがモットーです。

2019年12月の定期積み立て実行

今週の米国市場は、様子見といった感じです。冬のボーナス投資は慌てず、金利据え置きがほぼ確実といわれていますが、現地時間11日、12日のFOMCの結果をみること、また15日に正念場を迎える米中貿易交渉の行方、追加関税の発動はあるのかをみてから、追加投資をしたいと思います。

 

12月の積み立て投資ですが、個人向け国債を除いた下記の商品について、昨日の10日に、通常通りに全ての買付が終了し、約定しました。個人向け国債(変動10年)は、申し込みをしましたが、約定は12月末になります。

 

◎積み立てNISA口座 

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI) マネックス証券

 

◎特定口座

ニッセイTOPIXインデックスF 楽天証券

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 楽天証券

たわらノーロード 先進国リート 楽天証券

個人向け国債(変動10年) マネックス証券 

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 楽天証券楽天ポイント投資

 

積み立てNISAは、12月で端数を調整して、年間の投資限度額の40万円の枠を使い切りました。2018年1月の積み立て開始から2年間、楽天VTI一本に絞ってコツコツと毎月、積み立ててきましたが、運用パフォーマンスはどうなっているでしょうか。積み立てNISA口座を開いているマネックス証券スクリーンショットです。

 

f:id:saintlouis:20191211213901p:plain

 

2年間の利回りは10.52%、年利換算で5.26%となりました。毎月、自動的に積み立てて、後はほったらかしですので、何も難しいことはありませんが、年利5%以上で増えてくれれば、十分なパフォーマンスだと思っています。非課税期間が残り18年間ありますので、これからも淡々と積み立てていきたいと思います。

 

宜しければ応援お願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村