投資という名の長い旅

50代サラリーマンが、インデックスファンド、米国ETFを活用した長期投資で、セミリタイアを目指す旅路の記録ブログです。市場に居続けることがモットーです。

2020年10月の定期積み立て実行

先週の10月2日に、TOBが決まったNTTドコモ(9437)株を3,879円で売却しました。TOB応募のために、証券口座を新たに開設して、株式を移管するのは面倒でしたので、通常の市場での売却を選択しました。TOB価格の3,900円よりは若干、低い価格での売却となりましたが、手間を考えると良かったと思っています。

 

私はご存じの通り、保有している株式、ETF投資信託を売却することを滅多にしません。今回のNTTドコモ(9437)株は、2005年に投資を本格的に始めた時から長年保有してきましたし、安定した配当を長年継続して出してくれていましたので、永久保有ではないですが、今後も継続して保有し、配当を出してくれることを期待していました。今回のTOB上場廃止は残念な気もしますが、無事に売却できましたので、気持ちを切り替え、次の投資先を考えたいと思います。やはり、個別株投資は、今回のTOBもそうですが、予期せぬ事態が起こるので、難しいと思いました。やはり、ETF投資信託での投資が自分のスタイルとしては合っていると改めて感じています。

 

10月の積み立て投資ですが、個人向け国債を除いた下記の商品について、今週の7日に通常通りに全ての買付が終了し、約定しました。個人向け国債(変動10年)は申し込みをしましたが、約定は10月末となります。

 

◎積み立てNISA口座 

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI) マネックス証券

 

◎特定口座

ニッセイTOPIXインデックスF 楽天証券

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 楽天証券

たわらノーロード 先進国リート 楽天証券

個人向け国債(変動10年) マネックス証券 

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 楽天証券楽天ポイント投資

 

投資信託の定期積み立ては、通常通りに終了しましたが、今月も米国ETFの買い付けを行なうつもりです。10月上旬には、バンガードETF VOOの配当金も入ってきましたので、9月に入ってきた米国ETFからの配当金とNTTドコモの売却金を合わせて、無難な選択ではありますが、バンガードETF VTI, VYM, BNDの追加購入を考えています。11月の大統領選の動向もありますが、来週、再来週は、主要アメリカ企業のQ3決算発表がありますので、その動向を見ながら、ETFの追加購入をしていきたいと思います。

 

宜しければ応援お願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村