投資という名の長い旅

50代サラリーマンが、インデックスファンド、米国ETFを活用した長期投資で、セミリタイアを目指す旅路の記録ブログです。市場に居続けることがモットーです。

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2020に投票しました

先週のハイライトは、何と言っても、ダウが、アメリカ現地時間の11月24日の終値で3万ドルを突破しました。私だけでなく、先進国株式、米国株式に投資をしてきた皆さんが、プラスサムの恩恵を受けていることを、改めて実感した瞬間だったのではないでしょうか。このマイルストーンも、あくまでも通過点に過ぎないと思います。株式の力(パワー・オブ・エクイティ)を利用する、時間を味方につけ複利の力を生かす、このシンプルな投資方法をコツコツと継続していきたいと思います。

 

今年も「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」に投票しました。今回は、4度目の投票になります。

 

昨年の2019年は、6位にランク入りした楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)に投票しました。

 

investment-journey.hatenablog.jp

 

昨年度は、eMAXIS Slimシリーズが、上位を独占しました。今年も、おそらく上位を占めるのではないかと予想します。

 

投票についての考え方は、変わることはありません。自分自身が保有、投資をしているもの、未来永劫保有したい(長期投資にふさわしいもの)、自信をもって投資初心者も含めた万人にお薦めできるものに投票したいと思います。

 

今年、投票したのは、変わり映えしませんが、昨年と同じ、楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)です。

 

積み立てNISA口座で、2018年1月から毎月、コツコツと積み立て、現在も継続しています。約3年が経過していますが、投資パフォーマンスはどうでしょうか。本日時点の状況です。

 

f:id:saintlouis:20201129163500p:plain

 

約3年間で+22.5%の利回り、年換算で約+7.5%/年の利回りです。米国株式の利回りとしては、平均的ですが、十分なリターンを生んでくれていると言えるのではないでしょうか。米国株全体に低コストで長期にわたって投資するのがベストであるという考え方は、投資を本格的に始めた2005年から全く変わっていません。

 

本家バンガードETF VTIも大好きな米国株ETFの一つですが、楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)は、ETFを購入するより手間がかからない、投資信託は最低投資額が100円からということもあり、誰もが手軽に米国株式に投資ができ、長期にわたって保有すれば、誰もがプラスサムの恩恵を受ける可能性が高いという点を改めて評価したいと思います。

 

宜しければ応援お願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村