投資という名の長い旅

40代サラリーマンが、インデックスファンド、米国ETFを活用した長期投資で、セミリタイアを目指す旅路の記録ブログです。市場に居続けることがモットーです。

2017年2月末のポートフォリオ状況

2017年2月末のポートフォリオ状況です。 

 ◆目標ポートフォリオ

f:id:saintlouis:20170228210814p:plain

 ◆2017年2月末ポートフォリオf:id:saintlouis:20170228210700p:plain

 2017年2月末の保有資産一覧

日本株

個別株:三越伊勢丹ホールディングス(3099)、資生堂(4911)、NTTドコモ(9437)

eMAXIS 日経225インデックス

ニッセイ TOPIXインデックスF ★

バンガードETF VTの日本株部分

◆先進国株式

eMAXIS 先進国株式インデックス

SMT グローバル株式インデックス ★

バンガードETF VOO

バンガードETF VTの先進国株部分

バンガードETF VTI

バンガードETF VYM

新興国株式

eMAXIS 新興国株式インデックス ★

バンガードETF VTの新興国株部分

◆日本債券

eMAXIS 国内債券インデックス

SMT 国内債券インデックス ★

◆先進国債

eMAXIS 先進国債券インデックス

バンガードETF BND

◆日本REIT

個別REIT:ジャパンリアルエステイト(8952)、東急リアル・エステート(8957)、日本ロジスティックスファンド(8967)

◆先進国REIT

SMT グローバルREITインデックス ★

 

★は、毎月積み立てを行なっている投資信託になります。

 

2月の変化点ですが、新たな保有資産として、J-REIT東急リアル・エステート(8957)を購入しました。出資母体は東急電鉄で、オフィスと商業施設の複合型。物件は東京都心5区、東急沿線中心の首都圏特化型になります。分配金利回りは3.7%とまずまず、NAV倍率が0.97と割安感はありました。

 

既存のeMAXISシリーズの信託報酬引き下げの可能性が、ほぼゼロになりましたので、新興国株式のインデックスファンドの見直しを検討しています。現在、毎月積み立てをしているeMAXIS新興国株式インデックスから、乗り換えということになります。候補は幾つかありますが、じっくり考えたいと思います。