投資という名の長い旅

50代サラリーマンが、インデックスファンド、米国ETFを活用した長期投資で、セミリタイアを目指す旅路の記録ブログです。市場に居続けることがモットーです。

積み立てNISA 全てが含み益になったようです

9月2日付の日経の記事ですが、2018年1月当時、積み立てNISAの対象になっていた投資信託、全てが含み益になったようです。この条件は、毎月月末に3万3,333円を、2018年1月から2021年6月まで買い付け、2021年7月末の時価で評価したものです。

 

www.nikkei.com

 

日経のこの記事からの引用になりますが、2018年1月当時に積み立てNISA対象だった主な投資信託の含み益の詳細をみてみましょう。

 

f:id:saintlouis:20210904175207p:plain

予想された通りですが、米国株を対象に投資をする投資信託の含み益が大きいことがわかります。私が積み立てNISA対象として毎月積み立てている楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天 VTI)の含み益が一番大きいという結果になりました。

 

勿論、過去の利回りは将来を約束するものではありません。2018年1月の積み立てNISA制度発足時に、この制度を最大限生かせる投資信託は何を選ぶべきか、色々考えましたが、本家バンガードETF VTIを既に保有していたこともあり、最も確実にリターンを見込めるものは何かと考えたときに、米国市場全体に投資するのが良いという結論になり、楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天 VTI)を選択しました。この選択は間違っていなかったと思っています。

 

私の積み立てNISAの現在の運用パフォーマンスはどうなっているでしょうか。毎月5日に3万円を、年2回のボーナス支給月は5万円を積み立てる形で、年間限度額の40万円の枠を使い切っています。

 

f:id:saintlouis:20210904181542p:plain

3年8ヶ月経過での含み益は77万円、年利換算で14.4%となっています。毎月、自動的に積み立て、後はほったらかしですので、充分すぎる利回りです。積み立てNISA制度を最大限生かすためには、とにかく継続すること、市場に居続けることが何よりも重要だと考えていますので、残りの非課税期間16年間も、淡々と積み立てていきたいと思います。

 

宜しければ応援お願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村