投資という名の長い旅

50代サラリーマンが、インデックスファンド、米国ETFを活用した長期投資で、セミリタイアを目指す旅路の記録ブログです。市場に居続けることがモットーです。

2017年11月末のポートフォリオ状況

2017年11月末のポートフォリオ状況です。

 

◆目標ポートフォリオ

f:id:saintlouis:20171203171437p:plain

 

◆2017年11月末ポートフォリオ

f:id:saintlouis:20171203171531p:plain

2017年11月末の保有資産一覧

日本株

個別株:三越伊勢丹ホールディングス(3099)、資生堂(4911)、NTTドコモ(9437)

eMAXIS 日経225インデックス

ニッセイ TOPIXインデックスF ★

バンガードETF VTの日本株部分

◆先進国株式

eMAXIS 先進国株式インデックス

SMT グローバル株式インデックス ★

バンガードETF VOO

バンガードETF VTの先進国株部分

バンガードETF VTI

バンガードETF VYM

新興国株式

eMAXIS 新興国株式インデックス

たわらノーロード新興国株式 ★

バンガードETF VTの新興国株部分

◆日本債券

eMAXIS 国内債券インデックス

SMT 国内債券インデックス

個人向け国債(変動10年) ★

◆先進国債

eMAXIS 先進国債券インデックス

バンガードETF BND

◆日本REIT

個別REIT:ジャパンリアルエステイト(8952)、東急リアル・エステート(8957)、日本ロジスティックスファンド(8967)

◆先進国REIT

SMT グローバルREITインデックス ★ 

★は、毎月積み立てを行なっている投資信託・債券となります。

 

先週の米国市場は、 トランプ政権が目指す税制改革法案の年内成立の期待感から、ダウは続伸し、2万4,000ドルの大台を突破しました。

 

www.cnbc.com

 

お馴染みのジェレミー・シーゲル教授は、次の大きなマイルストーンとして、ダウの2万5,000ドルが近づいてきていると述べています。年内に税制改革法案が成立することを期待している、マーケットが期待しているのは法人税減税であり、これにより企業の利益が8%程度押し上げられ、株式にはプラスだと述べています。

 

来年、2018年度については、今年のように簡単ではない、5%から10%程度の成長にとどまるだろうと、述べています。

 

常に強気のメッセージをだしているジェレミー・シーゲル教授ですが、余り米国市場にリスクは見当たらない状況かと思います。リスクといえそうなことは、北朝鮮情勢位でしょうか。12月の利上げも、ほぼ確定的で市場は織り込み済みだと思いますし、年内はこのままいくのではないでしょうか。

 

今週末には、冬のボーナスも支給されますが、何に投資するか、じっくり考えたいと思います。

 

宜しければ応援お願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村