投資という名の長い旅

インデックスファンド、米国ETFを活用した長期投資で、2024年1月にセミリタイア、FIREを達成しました。市場に居続けながら、FIRE生活を楽しんでいきます。

投資手法を学ぶ

ジェレミー・シーゲル教授 S&P500は更に8%上昇、今年度末に5,400ptに達すると予想

現地時間の2月9日、金曜日の終値で、ついにS&P500が5,000ptの大台を突破しました。 本格的に米国株に投資を始めたのは2005年1月でしたが、当時のS&P500は1,200ptでした。今でも覚えていますが、株式資産がほぼ半分にまで大暴落して、絶望的な気持ちになった…

バンガード社の労働市場のレポート 求人率・離職率共にスローな傾向に

ようやくSBI証券からNISAの金融機関変更書類が届きましたので、本日、マネックス証券から届いた「非課税口座廃止通知書」と共に、郵送しました。後は、SBI証券でNISA口座が無事に開設されるのを待ちたいと思います。 現地時間、1月29日、バンガード社のHPの…

バンガード社の投資家期待値レポート 2024年は楽観的な見通し

ようやく任意継続の手続きが完了し、番号が変更された新しい健康保険証が郵送されてきました。取り急ぎ、1月31日までに2024年1月〜3月までの保険料、約17万円を支払わなければなりません。2024年4月〜2025年3月分の1年分前納については、2月中に申し込み案内…

昨日の楽天証券主催、新春講演会2024にオンラインで参加しました

昨日、楽天証券主催の新春講演会2024にオンラインで参加しました。流石に一日中視聴しているのは時間的にも辛いので、集中して聞いていたのは、米国株に投資をされている方はご存知の方も多いと思いますが、ホリコ・キャピタル・マネジメントの堀古英司さん…

ジェレミー・シーゲル教授 今年、S&P500は10%上昇、5,200ptに達すると予想

一昨日の1月9日、最後の退職関連の手続きとして、以前、勤務していた東京の事業所の総務部門に、会社のパソコン、携帯、健康保険証を返却しに行きました。東京の事業所に勤務していた時に一緒に仕事をした人達にも、最後の挨拶回りをして、これで全て完了と…

2023年10月末のポートフォリオ状況

11月が始まり、サラリーマン生活、実働最終月となりました。サラリーマン生活の終わりへのカウントダウンは着々と始まっています。11月30日の最終出社日に向けて、淡々と仕事をしていきたいと思います。 10月末のポートフォリオですが、9月末に引き続き、2ヶ…

バンガードETF VTIを追加購入しました

今週は、米国株式、米国債券共に、ボロボロな一週間でした。イスラエルとハマスの戦争という地政学的リスク、米国10年債の利回りが一時、5%を超える状況となり、株式は4日連続で下落、債券は利回り上昇→債券価格は下落と、共に厳しい状況となりました。この…

バンガード社のレポート 多くの投資家は力強いリターンが継続すると予想している

一昨日、7月28日の日銀の金融政策決定会合で、植田総裁はYCC(イールド・カーブ・コントロール)の運用の見直しに踏み切りました。これまでは10年債の利回りの上限を0.5%で厳格に運用してきましたが、連続指値オペの利回りを1.0%に引き上げ、事実上の上限を1…

バンガードCEO ティム・バックリー氏からの不安になっている投資家へのアドバイス

今週は、FOMCは+0.25%の利上げで無事通過したと思っていたら、クレディ・スイスの救済策に続いて、ドイツ銀行の株価急落と、欧州銀行を中心とする世界的な金融システムへの信用不安が拭えず、株式市場も不安定な動きでした。 現地時間の3月23日、バンガード…

バンガード社のレポート 60/40のポートフォリオのリターンの見通しは改善している

本ブログで公開しているリスク資産とは別に、2年分の生活費となる生活防衛資金を預金として保有しているものの、50才を過ぎているということもあり、株式100%のポートフォリオでは下落時に耐えられる自信がありません。厳密に株式60%、債券40%のポートフォリ…

2023年2月の定期積み立て実行

先週の米国株式市場は、今一つ冴えない軟調な値動きでした。アメリカの雇用は引き続き旺盛で、人手不足が続いており、賃金上昇圧力は収まっていない。人件費の上昇により、価格上昇に圧力がかかる、そのため、価格上昇はしばらく続くので、インフレは中々収…

バンガード社のレポート 投資と経済の見通し 2023年1月度

相変わらず寒い日が続いています。昨日も雪が積もることはありませんでしたが、雪がちらつく寒い一日でした。冷たい風が吹き抜けている状況で寒すぎて、ランニングをするのも嫌になるような天気です。 社内でも、症状は風邪程度で軽いものの、コロナに感染し…

『ウォール街のランダム・ウォーカー』の著者 バートン・マルキール氏 50周年記念版の出版について語る

今週、米国では、インデックス投資を世に広めた不朽の名著、『ウォール街のランダム・ウォーカー』の50周年記念版が出版されたようです。 インデックス投資のレジェンドの一人、著者のバートン・マルキール氏は、プリンストン大学の名誉教授、バンガード社の…

バンガード社のレポート 2023年の経済とマーケットの見通し

今週の水曜日で年内の大きな会議が全て終了したので、今年の仕事は、ほぼ終わったような気分でいますが、米国株式市場は、クリスマスラリーどころか、どんどん下がる一方で、スッキリとした気分で年末を迎えられそうにありません。 円安の効果により円貨ベー…

バンガード社のレポート 高インフレの今日、雇用が十分なリセッションの明日

ようやく、朝と夜は、少し涼しくなってきました。来月は久留米市で行なわれる筑後川ハーフマラソンに久しぶりに参加する予定です。8月は暑さのあまり、殆ど走れませんでしたが、9月は最低でも50km位は走り込んで、大会に向けて少しずつ調整していきたいと思…

バンガード社のレポート 投資家はリセッションに対して過剰反応すべきではない

台風11号は九州北部に接近してきていますが、ようやく雨が降り始めた程度で、強い風を感じる状況ではありません。今日の深夜、明日の朝には最接近してくるものと思います。明るい内に、ベランダに出してあったものは、全て室内に取り込み、台風への準備はし…

ジェレミー・シーゲル教授 FRBは更に1.0%だけ利上げをすれば十分であると主張する

現地時間8月26日、金曜日の米国株式市場は、ダウが1,008ドル安(3.0%安)、S&P500は3.4%、NASDAQは3.9%の下げと、パウエル・ショック、あるいはジャク損ホール・ショックと言いたくなるような久しぶりの大幅な下げとなりました。 7月以降、堅調な米国企業の業…

バンガードETF VTを追加購入しました

今週は8月16日の火曜日に福岡に戻り、水曜日から仕事に復帰し、3日間だけの仕事でしたが、木曜日に大きな会議があったこともあり、夏休み明けから全力で飛ばしていたので、結構疲れました。羽田に向かう便、福岡に戻る便も、飛行機はほぼ満席でしたので、コ…

バンガード社による2022年以降の経済予測 リセッションへのリスクは高まっている

今週になって、私の勤務先でコロナ感染者、濃厚接触者(自宅待機者)が急速に増えてきており、今週の勤務先のオフィスはガラガラな状況となりました。以前のような出張や社内飲み会の禁止といった規制はありませんが、在宅勤務を推奨、最低でも週2回は在宅勤務…

バンガードCEO ティム・バックリー氏による高インフレ下の投資についてのメッセージ

先週の金曜日、現地時間6月10日の米国株式市場の下げは、強烈なものがありました。今夜の米国市場はどうなるのでしょうか。先物は、ダウ、S&P500、NASDAQと主要3指数、いずれも下げています。なかなか下げが止まりません。 少し古い動画になりますが、現地時…

ウォーレン・バフェット 株式市場の下落局面では、マーケットの動きを気にし過ぎないようにすべし

3回目のモデルナワクチン接種後の副反応でしたが、2回目と比べると軽い症状、土曜日の午後に37.5度の発熱程度で済みました。解熱剤を服用して一晩寝たら、今日の朝には平熱に戻り、ややだるかった体調もすっかり回復しました。 米国株の下落局面が続いていま…

バンガード社による2022年以降の世界経済・株式市場の見通し

現地時間4月22日の金曜日の米国株式市場は、FRBによる金融引き締め政策の加速を警戒した売りが広がり、ダウ・S&P500・NASDAQの主要3指数が揃って、ほぼ全面安となりました。 パウエル議長が、5月のFOMCで0.5%の利上げを示唆したことで、市場は更に0.75%の利…

2022年2月の定期積み立て実行

オミクロンの感染者が、社内で次々とでており(感染した人も軽症あるいは無症状で、深刻な症状になった人は今のところ聞いていないのですが)、2月からは、在宅勤務を週1回以上推奨から、最低週2回以上はするようにとの通達が出されました。たまに会社に行っ…

長期投資家は、株価が最高値から10%下がっても心配する必要はない

CNBCの記者、ボブ・ピサー二氏の記事を紹介したいと思います。私がカリフォルニアに住んでいた時に、TVでCNBCを良く見ていましたが、当時のボブ・ピサー二氏は、 NYSEのトレーディングフロアーからの生中継のレポーターだった方で、現在でも CNBCのレポータ…

バンガードETF VTIを追加購入しました

昨年の3月に福岡県に転勤になって以来、体感するような地震は殆どない状況で、九州は関東に比べると地震が少ないなと思っていましたが、先週の金曜日の深夜の緊急地震速報は久しぶりだったので、飛び起きてしまいました。揺れ自体は、震度3程度でしたので、…

2021年11月の定期積み立て実行

今週は、仕事に追われ、家に帰ったら寝るという生活でしたので、ブログを書く余裕もありませんでした。それでも積み立て投資は、一度設定さえしておけば、ほったらかしでも出来るというのが、サラリーマンにとって、最大のメリットだと思います。最低限の手…

バンガードETF VTIが20周年を迎えました

バンガード社が、最初のインデックスETFとして、2001年5月24日に世に送り出したETF、Vangurad Total Stock Market ETF (VTI)が、この6月で20周年を迎えました。 私のポートフォリオの中心として位置付けている金融商品の一つが、このVTIになりますが、改めて…

バンガードETF VTIを追加購入しました

九州は北部、南部共に梅雨入りしていますが、先週は殆ど雨でした。夜中に窓や壁に当たる雨音で、思わず起きてしまうほどの激しい雨で、これ程の激しい雨は、元々雨が少ない地域ということもありますが、山梨で生活していた時は経験しなかったことです。関東…

ウォーレン・バフェットのように投資をして市場に勝つことを再現するのは容易でない

CNBCの記者、ボブ・ピサーニ氏の記事を紹介したいと思います。私はカリフォルニア在住時にTVでCNBCをよく見ていましたが、ボブ・ピサーニ氏は、NYSEのトレーディングフロアからの生中継の時のレポーターだった方で、現在でも引き続きCNBCのレポーターを勤め…

60/40のポートフォリオをリタイア後に使うべきか

セミリタイアに向けて、ポートフォリオをどのように考えていくべきか、2021年末に向けてセミリタイアを目指している私にとっては、悩ましい問題です。サラリーマンをしている間は、無理のない範囲で資産の最大化を目指していけば良いと思っていますが、セミ…