投資という名の長い旅

50代サラリーマンが、インデックスファンド、米国ETFを活用した長期投資で、セミリタイアを目指す旅路の記録ブログです。市場に居続けることがモットーです。

2018年6月の定期積み立て実行

本日、いよいよワールドカップ・ロシア大会が開幕となります。会社でも、何となくですが、話題にする人も少なく、静かな開幕という感じですが、4年に一度の祭典ですので、楽しみたいと思います。個人的には、リーガコンビの乾選手、柴崎選手の活躍を期待したいです。

 

さて、6月の積み立て投資ですが、個人向け国債を除いた下記の商品について、一昨日の12日に、通常通りに自動買付が終了し、約定しました。個人向け国債(変動10年)は、申し込みをしましたが、約定は6月末になります。

 

◎積み立てNISA口座 

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)

 

◎特定口座

ニッセイTOPIXインデックスF

たわらノーロード新興国株式

SMTグローバルREITインデックス

個人向け国債(変動10年)

 

FOMCは、米国時間、6月13日に今年2度目となる、0.25%の利上げを決めました。注目されていた、年内の利上げ見通しですが、今年は3回の利上げではないかという市場予想に対して、年内あと2回、計4回の利上げ見通しを発表しました。

 

FRBのパウエル議長は、失業率も低水準にとどまり、米国経済はうまくいっているとの認識を示しました。また物価上昇率も、ターゲットの2%に達していることも、利上げ回数を年内あと2回へと引き上げている要因と思われます。先週に紹介したシーゲル教授の予想が的中したということになります。

 

夏のボーナス支給は、7月第1週になる予定ですが、このFOMCの決定を受けて、当初の予定通り、夏のボーナス投資は、バンガードETF BNDをメインに追加購入しようと思います。

 

宜しければ応援お願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村