投資という名の長い旅

40代サラリーマンが、インデックスファンド、米国ETFを活用した長期投資で、セミリタイアを目指す旅路の記録ブログです。市場に居続けることがモットーです。

2018年1月末のポートフォリオ状況

早いもので、あっという間に、2018年も1月が終了しました。2018年1月末のポートフォリオ状況です。

 

◆目標ポートフォリオ

f:id:saintlouis:20180202234356p:plain

 

◆2018年1月末ポートフォリオ

f:id:saintlouis:20180202234425p:plain

 

2018年1月末の保有資産一覧

日本株

個別株:三越伊勢丹ホールディングス(3099)、資生堂(4911)、NTTドコモ(9437)

eMAXIS 日経225インデックス

ニッセイ TOPIXインデックスF

バンガードETF VTの日本株部分

◆先進国株式

eMAXIS 先進国株式インデックス

SMT グローバル株式インデックス

楽天・全米株式インデックス・ファンド(積み立てNISA口座)

バンガードETF VOO

バンガードETF VTの先進国株部分

バンガードETF VTI

バンガードETF VYM

新興国株式

eMAXIS 新興国株式インデックス

たわらノーロード新興国株式

バンガードETF VTの新興国株部分

バンガードETF VWO

◆日本債券

eMAXIS 国内債券インデックス

SMT 国内債券インデックス

個人向け国債(変動10年)

◆先進国債

eMAXIS 先進国債券インデックス

バンガードETF BND

◆日本REIT

個別REIT:ジャパンリアルエステイト(8952)、東急リアル・エステート(8957)、日本ロジスティックスファンド(8967)

◆先進国REIT

SMT グローバルREITインデックス

 

2018年に入ってからも、米国株・新興国株が好調ということもあり、先進国株式、新興国株式の比率が増えてきています。それほど各資産クラスの比率に神経質になることはありませんが、一つの目安として、株式全体(日本株式、先進国株式、新興国株式)の比率が、65%を超えないようにしようと思います。65%を超えると、リスクをとり過ぎているかなと思うのです。

 

先進国株式と逆相関になっている資産クラスは、日本債券になります。毎月、個人向け国債(変動10年)を購入していますが、どこかでタネ銭を探して、日本国債を通常より多く買い増す方向で、リバランスをしたいと思います。

 

現地時間の2月2日(金)には、好調な1月の雇用統計、非農業部門雇用者数が+20万人となり、市場予想の+18万人を上回ったことにより、金利が上昇、米10年債の利回りが2.8%台になりました。この金利上昇が嫌われて、ダウ平均は665ドル安と急落しました。日本債券の比率を増やすというリバランスも、それ程、急がなくてもよいのかもしれません。

 

宜しければ応援お願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村